2018年07月24日

広報2018年夏号を公開しました!

広報夏号を公開しました!

今回は、掛川市内の地域材を使った公民館や店舗の紹介や、

8月25日に開催される通常総会の案内を掲載しております!

みなさまのご意見・ご感想をお待ちしております。



最新号およびバックナンバーは コチラ よりご覧いただけます!
posted by 掛川市森林組合 at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

皆伐現場

現在、萩間で施業している皆伐現場です。

RIMG2110.JPG

3反ほどの面積で、四日目の今日、伐採・集積作業が終わりました。
明日からはハーベスタによる造材とトラックでの運搬が始まります。
posted by 掛川市森林組合 at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

理論も技術も!

こんにちは。
施業整備課の佐藤です。

先月のことですが
岐阜県郡上市石徹白で開催された
スイス・フォレスターのワークショップに参加してきました。

どういった研修だったかといいますと
・段階的に皆伐が行われ植林はされていない現場と
・6年前に何回目かの間伐が行われた76年生のスギ人工林の
将来を考えるというものでした。

そしてその将来を考えるための森づくりのヒントを
講師であるスイス・フォレスター、ロルフ・シュトリッカー氏に提供してもらう
という内容でした。

IMG_0473.jpg

なぜロルフなのか。
それは彼がスイスで行っている森づくり(近自然森づくり)が「持続的」であり、
それに共感する人々が増えているからだと思います(全国各地から人が集まりました)。

この近自然森づくりについてはここでは説明しきれませんが
自分の頭の中では
「産業としての経済性と、恵みをもたらす自然環境の安定性、そのどちらもがいつの世代にも担保される森づくり。
そしてその為の手段が自然の力を最大限に活かし(自然に近づき)、投入コストを抑えること。」
だと理解しています。

簡単に言うならば
「人も自然も豊かな森づくり」です。

詳しいことは
浜田久美子著「スイス林業と日本の森林」をぜひ読んでみてください!
i_std_lib_77.jpg
https://watashinomori.jp/study/lib_book_77.html



林学ではなく、環境社会学、とりわけ人と自然との共生という分野から林業に飛び込んだ自分は
「これを目指したい」と直感的に感じました。
もちろん社会の制度や仕組み、自然環境等に違いはあります。
ただ自然環境の違いは変えられないにしても、その営みが同じ人間の行為であるならば、自分たちの「持続性」のあり方を模索し目指すことはできるのではないでしょうか。

今回の研修を通して、なんとなくですが大きな目標ができたような気がします。
その目標に向けて一歩ずつ。
同時進行で色々吸収していかなきゃならないですが、その中でもまずは先輩らも唸るような切れっ切れのチェンソーの刃をつくる!(先輩たちの技術指導の前提条件がこれ。今さらですが汗)

森づくりの理論も現場の技術も大事だと思う今日この頃です。

posted by 掛川市森林組合 at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

野菜の栽培マン

当組合の裏手にある畑で職員の伊達(左)・仁村(右)が丹精を込めて野菜の栽培を始めました!!

DSC_0745.JPG

DSC_0751.JPG DSC_0749.JPG


2人とも野菜を育てる経験は無いそうです。ですが、自分たちで調べ、また地元の方々のアドバイスを頂きながら取り組んでいます。

毎日、現場から帰って来てから散水や草取りを行っています。その甲斐もあり、成長がほんの少し見られました!!

DSC_0746.JPG DSC_0748.JPG DSC_0747.JPG


ちなみに、育てている野菜は枝豆、トマト、小松菜、きゅうり、サツマイモです。

収穫の時期が待ち遠しいですね〜!!

施業整備課 鷲巣
posted by 掛川市森林組合 at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

植栽

image1.JPG



こちらは皆伐地に植栽をした現場の一枚の写真です。


一本一本元気に育つようにと思いながら丁寧に植えていきます。


獣害対策もばっちりです。


気の長い話ですが、この苗木が大木となるころには私も長寿番付に載っているくらいでしょうかね。



山田

posted by 掛川市森林組合 at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

コアジサイ

こんにちは!
施業整備課の伊達です!
今施業中の炭焼団地へ行く途中でコアジサイがたくさん咲いていました!

IMG_4654.jpg

よく見かけるアジサイとは違い小さくて少し控え目な感じですが、とてもキレイな色をしています♪
アジサイが咲いたということはもうすぐ梅雨入りでしょうか...

image1.jpeg

雨にも負けず安全作業で現場を進めていきたいと思います!
posted by 掛川市森林組合 at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ツバメ

こんにちは、須藤です。

今年も事務所にツバメがやってきました。

IMG_0543.JPG


四月後半ごろからきまして、昨年と同じところに巣を作っていました。

新たに巣を作ろうとした場所が換気扇カバーの上だったり、
巣の下がフンだらけなったり困りものです。

それでも、元気に飛び回り、かわいいので暖かく見守っていきたいと思います。

posted by 掛川市森林組合 at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

この一年をふりかえって

施業整備課佐藤です。
もうすぐ本格的に現場で働くようになってから1年が経とうとしています。
(その前は事務所内で働いていました)。
最初のうちは毎日クタクタで、仕事から帰宅してからは、
@シャワーを浴び Aご飯を食べ Bベットにダイブ zzZ
で完結していたのですが、今ではそこにテレビや本を楽しんだりする余裕が生まれました。


またこの1年をざっと振り返ると、
林業という仕事を含め、「森と関わり生きていくこと」について、
目指したい方向性が少しずつ見えてきた気がします。
2年目はより一層「自ら学ぶ」姿勢でいきたいと思います。


最後に
先日測量中にフクロウの羽を杉林の中で見つけました。
32082329_1752279918211472_4678976001198260224_n.jpg
そしたら同時期に読んでいた本にフクロウに関する話がこう書いてありました(要約)。
「スウェーデンの林業がめざす森の姿は、フクロウが棲む森。フクロウ=食物連鎖のトップ=豊かな生態系がある。」
ぜひ羽を落としたフクロウが棲み続けてくれるような森を維持したいと、スウェーデ製のチェンソーを使い動物好きな自分は心の中で思うのでした。
posted by 掛川市森林組合 at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

鳥の巣

先日、丹間の現場で掃除狩りをしていた際、かん木の根本に鳥の巣がありました。

20180423.JPG

刈り払い機で作業をしている時に、急に3mほど先の位置から鳥が飛び立ったので、
その近くを見てみたら巣がありました。

幸い、作業道を作る予定の位置からは離れていたので、
巣には影響を与えずに作業できそうです。
posted by 掛川市森林組合 at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

写真管理講座

82388DFF-66AD-4CA2-96D7-AEC4677DDA84.jpg


先日、スタジオやまもり  鈴木 渉様を講師としてお招きしカメラと写真の基礎講座を開催しました。




974159CF-71C0-4C54-BCF9-DC638B3D4B63.jpg



カメラの仕組みから始まり、より良い報告写真を撮る為にはどの様にすれば良いかのアドバイスまで講義していただきました。


たくさんの質問も飛び出し、職員も日頃の疑問点が解決したと思われます。


特に印象に残ったことがあります。


写真を撮る上で1番大事なのは、相手にわかりやすいよう、きれいな写真を撮ろうという意識だという言葉です。


より良い報告写真を撮っていくために今回の講座を為にしたいと思います。






山田



posted by 掛川市森林組合 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする