2018年10月12日

木を選ぶ

こんにちは。施業整備課の佐藤です。
今回は最近の仕事のことを。


現場での自分の仕事は間伐。
その中でもチェンソーで木を伐ることがメインの「伐採マン」と呼ばれるものです。

1年ほどこの伐採マンを経験してきましたが、最近では木を伐る前の段階、どの木を伐るかを選ぶ「選木」について意識的に先輩に教わっています。
そしてこれがとっても難しいんです。

基本は周りの木と比べて痩せ細ったものや、少し曲がっていたり腐りが入っていたりといった
「劣勢木」を選びます。
質の良い木を将来に残すためです。


ですが、それはあくまで基本であって。
他にも考えなければならないことが山ほどあります。


その場所毎の地形、気象、枝葉の量、伐った後を想定した残り木の感覚、作業のし易さ、求められている木材の量、工期、山主さまの意向、などなど


どの木を伐るか選ぶためにはいろんなことを天秤にかけなければなりません!

そしてこの選木には絶対的な正解はないと言います。
なぜなら伐った後の結果は長い時間が経たないとわからないからです。


またその間に今回の台風のような災害も起こりえます。
自然相手の仕事はとても奥深いです。

ただ1つ言えるのは
「どのような森(山)とどのように付き合っていきたいのか」という根底にあるべきテーマを大事にすべきだということです。
私は山を持ってはいませんが、先輩からは仕事をするときは自分の山だと思って丁寧にと言われます。


戦後一斉に植林され、管理されてこなかった山が多い中、自分はどういう付き合いをしていきたいのか。
日々腕を磨きながらも考えていきたいです。



RIMG2076.JPG
posted by 掛川市森林組合 at 18:16| Comment(0) | 森林施業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

風倒木処理

今週の日曜日に通過した台風は風が強く、停電等、多くの人々に
被害をもたらすことになりましたが、山でも多くの木が倒れていました。

昨日の月曜日から、神社をはじめとした大きな木のある場所での
風倒木処理の仕事が増えています。

当組合でも、職員の多くがそういった現場での仕事で大忙しです。


20181002.JPG


今日の風倒木処理の現場で倒れていた木の根株です。

神社の社の方向に倒れていて幹も太かったですが、
それに見合う数・大きさの枝の処理が大変でした。


今週末にも台風が来る予報ですが、風が強くなった場合は、
立木の近くには行かないようにしてください。

また、倒れた木もどのような方向に力が掛かっているのかわかりにくいので、
なるべく近寄らないようにして、身の安全を優先してください。
posted by 掛川市森林組合 at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

木のフェスタ


木をテーマにしたイベントが
平成30年9月22 日 (土)10:00〜15:00
オールスタッフ株式会社さんで開催されます!

森林組合では お箸作り体験・カキ氷・ポップコーン を出店する予定です

木を身近に感じて頂くイベントが盛りだくさんですので

ご家族で楽しめると思います

是非、遊びにきてみてください☆

木のフェスタ.jpg木のフェスタ2.jpg
posted by 掛川市森林組合 at 09:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

はじめまして

こんにちは

6月から掛川市森林組合で働かせていただくことになりました鈴木利江です
総務経理を担当しています


生まれは栃木県で、小学校から高校まで藤枝で育ち、愛知県の大学卒業後

今年の3月まで農協で働いていました


農業から林業に仕事がかわり、共通していることもありますが

実際やってみると、知らない言葉だらけで、これから学んでいかなければならないことばかり

で皆さんにご迷惑をお掛けしていると思います

早く仕事を覚えて、お役に立てるよう頑張りますのでよろしくお願いします

 
原田地区や原泉地区の方々はお話したことがある組合員の方も多いと思いますので

是非、事務所に気軽に寄っていただき、お声かけいただければうれしいです♪

suzukiIMG_2112.JPG
posted by 掛川市森林組合 at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

間伐現場

現在、倉真で行っている間伐現場の土場です。

場所の関係上、土場が大きくないので、常に材で溢れかえっています。


DSC_0221.JPG


土場が材でパンクしないように気を付けて作業していきたいです。
posted by 掛川市森林組合 at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

広報2018年夏号を公開しました!

広報夏号を公開しました!

今回は、掛川市内の地域材を使った公民館や店舗の紹介や、

8月25日に開催される通常総会の案内を掲載しております!

みなさまのご意見・ご感想をお待ちしております。



最新号およびバックナンバーは コチラ よりご覧いただけます!
posted by 掛川市森林組合 at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

皆伐現場

現在、萩間で施業している皆伐現場です。

RIMG2110.JPG

3反ほどの面積で、四日目の今日、伐採・集積作業が終わりました。
明日からはハーベスタによる造材とトラックでの運搬が始まります。
posted by 掛川市森林組合 at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

理論も技術も!

こんにちは。
施業整備課の佐藤です。

先月のことですが
岐阜県郡上市石徹白で開催された
スイス・フォレスターのワークショップに参加してきました。

どういった研修だったかといいますと
・段階的に皆伐が行われ植林はされていない現場と
・6年前に何回目かの間伐が行われた76年生のスギ人工林の
将来を考えるというものでした。

そしてその将来を考えるための森づくりのヒントを
講師であるスイス・フォレスター、ロルフ・シュトリッカー氏に提供してもらう
という内容でした。

IMG_0473.jpg

なぜロルフなのか。
それは彼がスイスで行っている森づくり(近自然森づくり)が「持続的」であり、
それに共感する人々が増えているからだと思います(全国各地から人が集まりました)。

この近自然森づくりについてはここでは説明しきれませんが
自分の頭の中では
「産業としての経済性と、恵みをもたらす自然環境の安定性、そのどちらもがいつの世代にも担保される森づくり。
そしてその為の手段が自然の力を最大限に活かし(自然に近づき)、投入コストを抑えること。」
だと理解しています。

簡単に言うならば
「人も自然も豊かな森づくり」です。

詳しいことは
浜田久美子著「スイス林業と日本の森林」をぜひ読んでみてください!
i_std_lib_77.jpg
https://watashinomori.jp/study/lib_book_77.html



林学ではなく、環境社会学、とりわけ人と自然との共生という分野から林業に飛び込んだ自分は
「これを目指したい」と直感的に感じました。
もちろん社会の制度や仕組み、自然環境等に違いはあります。
ただ自然環境の違いは変えられないにしても、その営みが同じ人間の行為であるならば、自分たちの「持続性」のあり方を模索し目指すことはできるのではないでしょうか。

今回の研修を通して、なんとなくですが大きな目標ができたような気がします。
その目標に向けて一歩ずつ。
同時進行で色々吸収していかなきゃならないですが、その中でもまずは先輩らも唸るような切れっ切れのチェンソーの刃をつくる!(先輩たちの技術指導の前提条件がこれ。今さらですが汗)

森づくりの理論も現場の技術も大事だと思う今日この頃です。

posted by 掛川市森林組合 at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

野菜の栽培マン

当組合の裏手にある畑で職員の伊達(左)・仁村(右)が丹精を込めて野菜の栽培を始めました!!

DSC_0745.JPG

DSC_0751.JPG DSC_0749.JPG


2人とも野菜を育てる経験は無いそうです。ですが、自分たちで調べ、また地元の方々のアドバイスを頂きながら取り組んでいます。

毎日、現場から帰って来てから散水や草取りを行っています。その甲斐もあり、成長がほんの少し見られました!!

DSC_0746.JPG DSC_0748.JPG DSC_0747.JPG


ちなみに、育てている野菜は枝豆、トマト、小松菜、きゅうり、サツマイモです。

収穫の時期が待ち遠しいですね〜!!

施業整備課 鷲巣
posted by 掛川市森林組合 at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

植栽

image1.JPG



こちらは皆伐地に植栽をした現場の一枚の写真です。


一本一本元気に育つようにと思いながら丁寧に植えていきます。


獣害対策もばっちりです。


気の長い話ですが、この苗木が大木となるころには私も長寿番付に載っているくらいでしょうかね。



山田

posted by 掛川市森林組合 at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする