2016年12月20日

更新伐

当組合で所有している山林1haの更新伐施業が大詰めを向かえています。

DSC_0503.JPG

今回はクローラ―式タワーヤーダーを用いて、ランニングスカイライン式での集材を試みました。
特徴としては三つ
@主索を張らない A集材は地引を基本とする B線の張替えが容易

対象エリアを図のように10回ほど張り替えて集材をしました。

201612031648_0001.jpg

この作業システムで施業したことで、タワーヤーダーの仕組みや長所・短所を把握することに加え、チーム内の技術力を高め、知識を深めることができたと思います。

今回の経験を活かし、地形などの条件に合わせた最善の作業システムを選択していきたいと思います。
posted by 掛川市森林組合 at 18:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土木技術者として治山工事・・・谷止工や山腹工に従事しました。資材の運搬には索道を使いましたが一張りで一式270万円とか掛りました。
工事の場合はそれなりに工事費に反映されますが木材の集材の場合はコストに加算されるだけでしょうから収益悪化は免れ得ませんね。
Posted by 秋山白兎 at 2016年12月20日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。